結婚式はどれくらいの費用がかかる?

結婚式費用の相場や実際に負担する費用

結婚式を行う時に一番気になるのは費用がどれぐらいかかるのかということでしょう。実際の相場としては、平均的なゲストの規模である70~80名の場合だと300万円前後かかるのが普通で、かなり高額だと言えます。しかし結婚式では、ご祝儀による収入があったり、ご両親からの援助が受けられるケースも少なくありません。ですので新郎新婦が実際に負担する金額は、例えば結婚式費用に300万円程度かかった場合であれば、ご祝儀収入等を差し引いた100万円程度で済むことも多いと言えるでしょう。また結婚式費用の内訳に関しては、最も多くかかるのが会場費と料理代であり、そこに衣装代や引き出物、撮影などの費用が加わって総額が決まるという仕組みになっています。

式場のタイプによる費用の違い

結婚式にかかる費用は、式場のタイプによっても大きく変わってくるという特徴があります。最も費用が高くなると言われているのは、西洋風の邸宅を貸切って行うゲストハウスであり、370万円程度かかるのが相場です。そして次に高いのが、ホテルであり、施設やサービスが充実しているのが特徴ですが、330万円程度かかるのが相場だと言われています。さらに平均的な費用のものとしては、結婚式に特化した施設である専門式場があり、300万円程度が相場になると言えるでしょう。そして費用が比較的安いことで知られているものとしては、レストランが知られており、260万円程度が相場になります。レストランウェディングは、通常レストランとして営業しているお店を結婚式場として貸切るもので、衣装や引き出物を自分で用意出来るなど、費用を抑えやすいのが特徴です。